Home > 排水管の診断情報 > 排水管に目を向けて生活環境を改善しよう

排水管に目を向けて生活環境を改善しよう

マンションや戸建てなど建物の中を通る排水管は、一般的には丈夫なものですが年数が経つどどうしても劣化が起こります。
排水が通っているため、内部に汚れが付着してだんだん流れも悪くなります。
かつて排水管として銅管が使われていたため、中が錆びてしまい洗浄しても流れの悪さが改善されないことが多々ありました。
近年では樹脂製による排水管が多く使われていてそのようなことは起こりにくくなりましたが、樹脂管は熱に弱く、熱湯を流すことで配管がもろくなるという弱点があります。
どちらの材質でも、配管の寿命は20年から30年前後が目安です。
床下を通る見えない部分なので生活をしている中で意識することはあまりないかもしれませんが、徐々に劣化していることを意識し、排水管の状態にも気を配ることが大切です。


排水管の状態を知るために劣化診断があります。
これはいくつかの調査を重ねて総合的に判定していくものです。
業者によってやり方に違いがありますが、多くは内視鏡を使った検査をします。
これは外側からでは見えない排水管の内部を、ファイバースコープなどを使って調べる方法です。
また超音波を利用した測定調査では、排水管の寿命を測定できます。
そしてX線調査でも排水管の中の様子が分かります。
これらの共通点は排水管や建物に傷をつけることなく詳細に調査できることです。
そしてサンプリング調査では、内部の水を止めてから配管を切り取って分析します。
実物を調べられるため結果が目に見えて分かりやすい方法です。
調査は必ずしも全て行う必要はなく、進め方は業者と話し合うことになります。
これらを方法で排水管の状態をより詳しく知り、その後のメンテナンス方法を決定します。


詳しく調査をしていくと、外側からでは分からない排水管の劣化状態が手に取るように分かります。
その診断結果を分析した上で作業工程を決定します。
排水管のリフォームは、大きく分けて取替工事と更生があります。
取替工事はその名の通り排水管を新しいものに交換することです。
劣化が激しく、水漏れや悪臭などの害がある場合に行います。
費用は排水管の長さや設置場所などで変動するため、正確に見積もりを取る必要があります。
また大きな工事なので、どのくらい日数がかかるかも確認します。
一方更生工事は排水管内部を洗浄してからコーティングを行う方法です。
壁や床を触ることなく工事をするため日数がかからず、作業は1日から2日で完了します。
費用は取替え工事の半分ほどで済むことが多く、日常生活に支障が出ないのもメリットです。

カテゴリー