Home > 排水管の診断情報 > 定期的に排水管診断を受けましょう

定期的に排水管診断を受けましょう

建物は老朽化してくるといろいろなトラブルを起こすものです。
例えば排水管のトラブルは多く、劣化することによって水が漏れてしまったり割れると水浸しになることもあるので注意が必要です。
排水管の診断する方法にはいくつかあり、まず一次診断を行います。
一般的な診断のことで、主に目視検査や聞き取り調査などを実施することが可能です。
ベテラン調査員が調べると細かなことまで把握することができ、二次や三次調査を省いて工事することもあるでしょう。
二次診断になるとさらに踏み込んだ方法を使って非破壊計測機器などを利用します。
配管などを破壊しないで詳細な検査を実施することがでるので便利です。
専門調査員が専用機器を使って検査したり、中には管の抜き取り調査を行うケースもあります。
排水管の状態に応じていろいろな方法を組み合わせていきます。


排水管の診断にはいろいろな方法があり、内視鏡計測調査の場合は配管の内部に専用機器の先端を挿入し調査していきます。
胃カメラのようなものを使って配管内部を調査する方法です。
直線部分や曲がっている部分などを調べることができ、継ぎ手部分といったいろいろなタイプの配管に適用することができます。
さびの状況や詰まり具合などを中佐したり、ライニング管の場合は剥離状況などを調査することが可能です。
いろいろな長さに対応することができ、ファイバースコープだと約3mぐらい対応することができ、テレビカメラでは20mなどがあります。
曲がり部分がすう箇所あってもホースを挿入することができるので、いろいろな建物に対応することが可能です。
配管の内部を通常では見ることができませんが、機器を利用すると肉眼で把握することができるので劣化の進行具合を確認することができます。


エックス線装置計測調査の場合、レントゲン撮影のように配管にX線フィルムをつけ測定することが可能です。
測定するため断水しなくても良く、撮影した後コンピューターにより解析するので継ぎ手の肉厚や腐食状態などの測定することができます。
有資格者が作業することになり、正確に調査することができるでしょう。
超音波計測調査の場合、断水しなくても良いので生活に何かしらの支障をきたすことなく調査することができる方法です。
超音波を利用すると物質の境界において反射される性質を利用し、配管の残存厚みなどを測定することができます。
センサーを直接排水管の表面に触れないといけないので、平らな部分にだけ使用することが可能です。
ネジなどは測定することができず、保温材などがあるとそれを取ってから測定することになるでしょう。

カテゴリー