まず排水管の無料診断を依頼しよう

Home > 排水管の診断情報 > まず排水管の無料診断を依頼しよう

まず排水管の無料診断を依頼しよう

排水管は使っているうちに劣化してきます。
劣化のことは専門家以外には分かりにくいです。
劣化がひどくなる前に専門家に診断してもらい、適切な対策を行うのが良い方法です。
この種のサービスを行う業者の数は多いので、どこに頼むか迷うかもしれません。
そんな時は無料で行ってくれるところに頼んでみましょう。
こちらが調べてほしい部分の配水管の診断をして、配水管が今どんな状態になっているか教えてくれます。
調べる時に使われるのは内視鏡のことが多いです。
調査の対象になるのは水道のメーター周り、洗面所の下部、風呂場の水栓などになります。
調査にかかる時間は1時間程度です。
調査が終わった後に排水管の状態が報告されます。
これを聞いてリスクがあることが分かれば、対策を講じる必要があります。
特に問題のない場合もあります。
その場合は配水管が後どれぐらい使えるか質問できます。
無料なのでお金を払う必要はありません。


排水管診断の中には詳細な調査が含まれることがあります。
上記に書いた診断では排水管の状態を一通り調べるだけですが、詳細な調査の時は配水管の状態をより詳しく調べます。
この調査は抜管調査と呼ばれることがあります。
この時は配水管の一部を取り出して、その状態を調べます。
これによりその部分の実際の状態が分かります。
内視鏡の調査では具体的な劣化な状態は分からないこともありますが、抜管調査をすればそれがつかめるようになります。
もし劣化が進んでいたら、すぐにその部分の配水管は交換した方が良いでしょう。
排水管が使えなくなると、その建物に住んでいる人たちの生活に著しい支障が出ることがあります。
抜管調査の以外にも調べる方法があります。
超音波で配水管の肉厚を調べるもので、これを使えば配水管を傷めないメリットがあります。
抜管調査と超音波を使った調査は有料です。


排水管診断をしてもらえば、問題点が出てくることが多いです。
その場合は早急に対策を考えなければなりません。
通常は診断時に業者が改善策を示してくれます。
その時に対策にかかる費用の見積もりを出してくれるので、その数字を見て今後のことを決めることができます。
複数の業者人見積もりを出してもらい、その中で一番経済的なところに任せるのが賢明な方法です。
配水管が通っている建物が古い場合は、無料の診断より抜管検査や超音波による検査を最初から依頼した方が問題を見つけやすくなります。
配水管のことは普通の人には分からないので、業者の説明を理解しにくいことがあります。
その場合は管の中の状態を知るために写真を見せてもらいましょう。
自分で写真を見ることができたら、劣化の状態がある程度で分かるようになります。
その上で改善の工事を依頼しましょう。

カテゴリー